トナーを購入する場合はどこの店で購入するかを考えましょう

近年のビジネス用のプリンターの消耗品としては粉状の塗料を使用するトナーが主流となっています。ビジネス向けとしては高速の印刷を可能にするレーザープリンターを導入しているケースが多くなっているため、この様な特徴があります。 この様なレーザープリンターを購入する場合、メーカーの代理店経由で購入するケースが多いのですが、その様な場合に購入することになる消耗品はメーカーが製造販売している純正品となるのが基本です。そのため品質面には問題がないというのが原則です。そのためいかに安く購入することが出来るのかという視点から販売店を選択するのが良いでしょう。純正品の場合には品質が一定ですので比較検討するのが価格だけで良いという仕組みになりますので、選択基準が非常にわかりやすくなります。

メーカー純正品の持つ特徴について

プリンターの消耗品として純正品のトナーを選択するのがごく一般的な選択肢となります。これはプリンターのメーカーが推奨する消耗品であるため、品質面について気にすべき点はありません。容量の違いによる選択肢がある場合がありますが、基本的には同じものであると言えます。そのため比較すべきは純粋に価格面の違いです。 これはどのお店から購入したとしても商品の品質については変わらないという特徴があるためです。製造もが基本的に同じか、同じ条件で製造していますのでどこから購入したとしても安定した品質を約束されているという部分が非常に大きな要素となります。大きな問題の発生に対して万全に備えておきたいのであれば第一選択になるのがメーカーの純正品です。この選択をしている限りはメーカーのサポートを手厚く受けることが出来ます。

リサイクルトナーの特徴に関する基礎知識

近年では純正品とは異なるリサイクル品という消耗品が販売されています。これは使用済の空容器を再利用して作られるものであり、最大の特徴は容器の製造コストを除外することが出来ることによるコストダウンです。そのため非常に安い価格で販売されています。 しかしながら品質面には大きなばらつきがありますので注意が必要です。これはプリンターのメーカーがリサイクルするのではないという事情によります。中身が違うのが一般的ですし、品質面についても純正品に及ばないケースが少なくありません。この様な特徴のある消耗品であるということについて理解しておく必要があります。コスト面でのメリットがあるのは事実ですが、メーカーサポートへの影響もありますので利用を検討する際には慎重に考えるようにしましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

経費削減はリサイクルトナーで

複合機やコピー機、レーザープリンターやファックスなどのOA機器は印刷を行う時のインクとして粉状のものを利用しているのが特徴です。プリンターのインクの中には液体インクを使うインクジェット方式もありますが...

粉末トナーの性質の違いによる印刷品質

レーザープリンターは低価格化が進み、オフィスのみならず家庭内においても使用される頻度が高まってきました。インクジェットプリンターに比べて高価なイメージがあるレーザープリンターですが、最近ではカートリッ...