トナーカートリッジ非純正品使用に関するメリットと注意点

レーザープリンターをはじめとするリサイクルカートリッジは不具合も多く、時にはプリンター本体に深刻な影響を与える恐れがあります。メーカー純正品では商品の使用はメーカー保証を受けられないなどのリスクがある半面、コスト的には非常に魅力のある商品です。販売業者によっては故障した際などの保証や機器の故障に対する修理費の負担を設けている場合もあって、使用する際のリスクは軽減されています。 印刷品質や使用に際してのリスクがなければ価格に対するメリットは非常に大きい商品です。安定した動作が保証されていればユーザーは、低リスクでコストパフォーマンスの高い商品を利用できます。リサイクル品の使用は省資源やエコの面からみても、企業としては見逃せない取り組みのひとつです。オフィス内のコストの削減は高額な消耗品から検討してみる必要があります。

高額な消耗品からコストの削減を見直す

使用済みのレーザープリンターのカートリッジは梱包も大きく、中身のないカートリッジであっても重量があって廃棄処分にも手間がかかります。空になったカートリッジは再利用することでランニングコストを最小限に抑えることが可能になります。充填されるトナーは非純正のものになりますが、使用する上では何ら違和感なく使い続けることができます。現在では品質も安定しており、価格以上のメリットを感じることができます。空カートリッジの回収後の納期も短縮され、カートリッジの管理も徹底されています。メーカー品とリサイクル品をうまく使い分けることで、高額な消耗品の経費を削減することが可能になります。

リサイクルカートリッジ仕様のリスク管理

リサイクルトナーは非純正品のために、使用する際には注意点もあります。トラブルの際に注意する点は故障したタイミングでのトナーの残量です。この割合をリサイクル業者が判断して保証が可能な症状であるかを判断します。カートリッジの充填量の半分以上の使用がある場合、保証が受けられないことがあるので注意することが大切です。カートリッジの不具合は突発的に起こることもあります。回収業者の対応がいかに素早くても商品の到着は翌日以降になるため、予備の商品は必ず準備しておくことが重要です。カートリッジが原因でプリンター本体が故障した際には、必ずメーカーの証明が必要になります。修理レポートなどは必ず保管しておくように心がけることで、経費を無駄に負担する必要がなくなります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

経費削減はリサイクルトナーで

複合機やコピー機、レーザープリンターやファックスなどのOA機器は印刷を行う時のインクとして粉状のものを利用しているのが特徴です。プリンターのインクの中には液体インクを使うインクジェット方式もありますが...

粉末トナーの性質の違いによる印刷品質

レーザープリンターは低価格化が進み、オフィスのみならず家庭内においても使用される頻度が高まってきました。インクジェットプリンターに比べて高価なイメージがあるレーザープリンターですが、最近ではカートリッ...