経費削減はリサイクルトナーで

複合機やコピー機、レーザープリンターやファックスなどのOA機器は印刷を行う時のインクとして粉状のものを利用しているのが特徴です。プリンターのインクの中には液体インクを使うインクジェット方式もありますが、写真などを印刷する場合はレーザープリンターの方がきれいに印字が出来る、写真を多く取り扱うオフィスや写真をきれいに印刷する業務を行っている場合にはレーザープリンターを利用するケースが少なくありません。 インクは粉状でも液体でも消耗品となるもので、液体と粉では粉状インクの方がコストは高めになります。経費を削減する目的でリサイクルできるものを利用するオフィスが増えていますが、リサイクル品の中には品質が高いものを販売している会社も増えているなど安心して利用が出来ます。

レーザープリンターや複合機などの消耗品です

レーザープリンターを初め、プリンター機能やコピー機能などを兼ね備えた複合機はいずれもレーザーを利用したプリンターや複写機です。スイッチを押すとコピーを取る事が出来る、パソコンでプリンターを選んで印刷コマンドを実行するとプリンターで印字が出来るなど、仕事の中でコピーや印刷を行う機会が増えています。 レーザープリンターや複合機のコピーおよびプリント出力は、粉状インクを使い、紙に粉状のインクを付着させた後に、内部にあるドラムユニットで定着させるなどの仕組みを持ちます。粉状インクはカラー対応機であればCMYKなどのように4つのユニットを装着しておく必要があります。消耗品とも言えるなどからも、経費節減の目的でリサイクルトナーを利用するオフィスも多くなっています。

リサイクルトナーは実績あるお店を利用して購入

リサイクルできる商品のメリットは純正品のトナーよりも価格が安い点です。しかし、リサイクル品の場合には粉が漏れてしまうなどのトラブルが起きるケースがあるなどからもリサイクル品への注目が集まらない時期がありました。しかし、最近は価格が安くしかも品質が高いリサイクル品を販売している会社が多くなっているなどからも注目を集めています。 カラー印刷を行う事が多い、カラーコピーを行う事が多いオフィスにとって消耗品でもある粉状インクは経費を多く使わなければなりません。粉が内部で漏れないなど品質は高くなっている、価格が安いなど経費を節減出来るなどの理由もあり注目が集まっています。製品を製造する会社の中でも注目を集めているのが品質保証をしっかりと行っている所で、こうした会社の製品を利用する事で経費の節約や安心してリサイクル品を利用出来るメリットに繋がります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

経費削減はリサイクルトナーで

複合機やコピー機、レーザープリンターやファックスなどのOA機器は印刷を行う時のインクとして粉状のものを利用しているのが特徴です。プリンターのインクの中には液体インクを使うインクジェット方式もありますが...

粉末トナーの性質の違いによる印刷品質

レーザープリンターは低価格化が進み、オフィスのみならず家庭内においても使用される頻度が高まってきました。インクジェットプリンターに比べて高価なイメージがあるレーザープリンターですが、最近ではカートリッ...