日本においては優秀な大企業が多くあり世界に多くの拠点を持つ事があります。一方それらの大企業を支えているといわれるのが中小企業です。世界においては自動車が有名ですが、自動車を作るにはたくさんの部品が必要です。その部品の多くは日本で作られているとされています。大量生産で作られることもありますが、個人の技術がより必要となるような作業の中で作られる場合があります。そういった大きくない企業においても創業者がおられます。高度経済成長を支え既に社長を退いていることもありますが、亡くなられた場合には個人葬だけでなく社葬を行うことがあります。行なう目的としては、小さいながらも会社を創業から支え続けてくれ、さらに多くの取引先を開拓した貢献度などでしょう。行なうことで取引先などにも参加してもらえて、これからの営業についても伝えることができます。

中小企業で社葬を執り行う事は少なくなりました

中小企業の社長などが亡くなられた場合でも最近は社葬として執り行う所は少なくなりました。一般的な葬儀を行い、会社の関係者には連絡はしますが、受付のみを一般用と会社関係者用に分ける位で後は一般家庭の葬儀として社葬としては執り行う事をしないようになって来ています。その代わりに、少し落ち着いた時点で、会社関係者の方達によって偲ぶ会などを行うケースが多くなってきています。日を改めてやる場合には、理由により、葬儀などに参列できなかった方々も参加して頂く事が出来ますし、葬儀の時には、親族の方々と多くのお話をする事も出来なかった事など、ゆっくりと故人に対してのお話を語り合えることが出来ます。最近では、いろいろなホールなどを借りて、有志の方々が計画を立てて偲ぶ会を親族の方々も交えて執り行っている事が多くなってきているようです。

中小企業の社葬は後継者へのメッセージがある

会社であったり商売において引き継がれることもあれば一代、その代で終るようなこともあります。できればそのあとにも継続してほしいと感じることがあるでしょうがなかなかそうは行かない場合があります。既に後継者が育っていて社長業を受け渡している場合は良いです。しかし社長がバリバリと働いていてまだ後継者が一人前でない状態のときに社長が亡くなることがあります。このような中小企業においては会えて社葬を行なうことがあります。通常の個人葬においては単に故人が亡くなったことを悲しむために行なわれますが、それ以降に行われることに関しては後継者が式を行なうことでこれからはこの人が社長として会社を引っ張って行くメッセージを与えることができます。社内だけでなく社外の取引先などにも示すことができるので、重要な式になるでしょう。

Leave a comment:

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*