会社にとってトップは社長になります。会社の意思決定を行なったり、取引先との話し合い、何か問題があったときには先頭に立って謝罪などを行なう場合があります。会社の代表としていろいろなことを行います。ただし社長だから全てのことを行なうわけではありません。それぞれの社員が一定の役割を持ちながら仕事をしています。場合によっては会社の代表的な役割を社員が行うこともあります。中小企業において社葬を行なう場合があります。このときには中心になって進めて行く人を決める必要があります。葬儀委員長などを決めておくとこの人を中心にして業務を行うことが出来ます。挨拶などにおいては社長であったり役員等が行ないますが、進行であったり、参列者として誰を呼ぶか、どのような会を行なって行くかについてを中心に決めて行く人です。若い人が担当することもあります。

中小企業の社葬をホテルで行なう

結婚式といいますと結婚式場で行なうことがありますがそれ以外にはホテルで行なうことが多くなっています。ホテルは利便性が良いことから多くの人に来てもらいやすくなっています。基本的には宿泊施設が中心になっていますが、今のホテルは様々なイベントに対応できるように広いスペースなどが用意されています。ちょっとした会議から、多くの人が集まるイベントを行うことが出来ます。中小企業の社葬を行なう場所としてホテルを利用することがあります。通常の葬儀となるとある程度場所が限られます。葬儀場、自宅、お寺などになるでしょう。でもこちらの場合は特に場所はどこでも行なえます。ただしホテルにおいてはできないこともあります。線香などの利用ができないため焼香も行うことが出来ません。目的によってはそれらは必ずしも必要ではないでしょう。

中小企業の社葬は会場で費用が異なる

何かの会合があるとき、その時間によっては食事が出されることがあります。朝なら朝食でしょうし、よるなら夕食です。全く関係のない時間でも軽食などを出して話がしやすいようにすることがあります。ホテルにおいてはいろいろな会合を行うことが出来ますが、その利用に関しては何らかの食事を出すのを前提として行う場合があります。その場合必要なくても食事の費用が必要です。中小企業が社葬を行なう場合、費用の問題があります。かかる費用に関しては仕方ありませんが、あまり払わなくてもいい費用については出したくないと考える場合があります。食事の費用が無駄な費用になるのであれば会場は食事などを出さなくてもいいようなところを選ぶようにします。一般的なホールであれば食事を出さないといけないなどのルールは特にありません。コストも抑えられます。

Leave a comment:

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*