生命保険に入る目的として葬式費用を賄うためといわれることがあります。それくらい費用がかかります。あまり自分自身が当事者になることがないだけにどれだけ費用がかかるかわかりにくいです。そのために知らないうちにどんどん費用が上がって行くことがあるようです。もちろん喪家で負担をすることができればよいですが、場合によってはできない場合があります。会社の社長などだとそれなりの式が必要です。中小企業が社葬をする目的として、喪家の費用の負担を軽減することがあります。これは社長が創業者の場合などに事前に伝えていることがあります。社長としては自分の家の負担をできるだけ抑えて出費を減らしたいです。そうすればお金が残ります。あまり個人的なことに会社のお金を使う事はできませんが、葬式に関してはある程度遣うことが認められています。

中小企業の社葬を経費にするには取締役会議事録必要

会社においては設立をするときに取締役会の議事録を提出しないといけないとされています。その他、一定の書類を作成してそれも登記する必要があります。議事録については何らかの決定があるごとに登記をしておく必要があります。それらの事項がきちんとしたルールによって決められているかどうかがそれでわかるようになっています。取締役会で決めないといけないことなどが決められています。中小企業が社葬をするときに経費として処理したい場合があるでしょう。急に社員や役員が亡くなって行なった時にその費用を経費にできるかとなるとそうではありません。事前に取締役会において議題に上げておき、その議事録をきちんと添付する必要があります。そうしてようやく支出した金額が経費になります。もちろんのことですがそれらの支出に関する領収書なども添付する必要があります。

中小企業でも社葬は多く行われるようになりました。

故人の方が若かったりする場合ですと、高確率で企業にお勤めになられている方が多いといえます。そのため、社葬というスタイルの葬儀が開かれるケースが大企業だけでなく中小企業でも増えています。これは、通常の葬儀を終えた後に行われるということが一般化されています。個人葬儀の後に行われるので、個人葬儀とはまた別の扱いになります。また別の扱いになるということは、費用も別途かかってくるということです。社葬の場合、それが執り行われるか執り行われないかは故人ご本人の生前の地位や企業がどれくらいの大きさの企業なのかによって変わってくるという傾向があります。そのため、執り行われる場合ですと企業が社葬に関してはそれにかかる費用の全てのお金を払うといった場合が多くなっています。また、その前に行われる個人葬儀も半分ほど負担をしてくれる企業もあります。

Leave a comment:

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*