社葬といえば、大企業の会長や社長、重役が死去した場合に執り行われるのが一般的なイメージですが、近年いわゆる中小企業での社葬が増加傾向にあります。大企業の行う社葬は企業自体のイメージを重視せざるを得ないので、多大な経費が発生します。そのため、不況といわれている昨今では、減少傾向にあるといわれています。中小企業の場合、遺族が執り行う個人葬と一緒に行う合同葬や、本葬(個人葬)の後、お別れの会という名目での比較的カジュアルな式が主流ですので、遺族と企業の双方にメリットが発生します。遺族のメリットは個人葬費用の一部が企業負担となり、盛大な葬儀を比較的軽い負担で実施できることです。中小企業側のメリットは、企業イメージの向上です。割り切って言えば、お別れの会の席上で、列席お礼のあいさつをして回りますが、取引先の担当者に直接後継者が挨拶できますから、一社ずつご挨拶回りをするより、はるかに効率的かつ有効なPR活動です。

中小企業でも社葬はあります。

大体、社葬というものは大企業が執り行うものと思われがちでした。しかし、現在、社会的なプレゼンテーションという意味あいから中小企業でもとり行うこと多くなっているようです。いや、むしろ、中小企業こそ執り行うといいかもしれません。ですが、葬儀にはある程度の費用がかかります。なので、あくまで比較的経済的な合同葬が一般的のようです。ちなみに合同葬とは企業と遺族が合同で葬儀を行なうモノです。日程とか一般の葬儀とは微妙に違っていますが、企業と遺族で合同なので一回で済みます。ということはそれだけ、お互いの負担が軽減されるわけです。さらに会社側でも社葬規程などで決めていたら企業が費用を負担することもできます。といっても、火葬料と寺院へのお布施は遺族の負担になるわけです。ほかにも社葬には偲ぶ会というお別れの意味合いのあるモノもあるようです。

中小企業で社葬をした会社

中小企業で社葬をする会社があります。大企業の場合、これをやるところが多いですが、中小企業の場合やらないところもあるようです。知人の会社はそれほど大きな会社ではありませんが、これをやりました。なぜこれをやったかと言うと仕入れ先や販売先からの信用アップにつながると考えたようです。もしこれをしないと経営状況が悪くて費用を出せないのではないかと思われる可能性があると感じたようです。確かに社葬をしないとそのように見る人たちもいる可能性があります。そうなると仕入れや販売がやりにくくなるからこれを大々的にやったようです。実際知人の会社は財務内容がよかったので社葬を大々的にやることによて財務内容の良さを人に知らせることができて後々商売がスムーズにできるようになったそうです。葬式と言う物が商売のやりやすさに関係するとは考えたこともありませんでした。

Leave a comment:

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*